ピアノレッスンで一生の楽しみを手に入れよう

婦人

専門家が指導します

スーツの女性

国家資格が必要です

知財に関する各種のセミナーが増加しています。講師は弁理士または知的財産管理技能士の国家資格を有している人であって、知財の専門家です。日本では知財に関する意識が浸透していますが、中国などの一部の海外では不足している場合も少なくなく、企業が権利を侵害されることもあります。そのような場合において法的に備える必要性や具体的な手段に関してセミナーで説明をするのです。有料のセミナーが多いですが、無料のセミナーもあります。弁理士が顧客を獲得することを目的に無料でセミナーを開催するケースもあるからです。知財の権利を守ることは企業の経営にとって極めて重要になっています。企業にとって生命線である知財を無断で侵害されることを防止しなければなりません。

理系も文系も関係します

企業にとって知財は、理系である技術関係である場合もあれば、文系である音楽や文学などである場合もあります。いずれの場合であっても企業の重要な無形財産であって、無断で他社に利用されることは許されません。知財に関する訴訟も増加していますが、訴訟になる前に知財を守るために企業が行うべきことなどをセミナーでは解説します。訴訟になると弁理士ではなく弁護士に相談することになります。知財に詳しい弁護士もいます。国際的な争いにおいて信頼できる経験豊富な弁護士もいます。国際特許であれば専門の弁理士が所属する国際特許事務所を通じて取得することになります。知財に関する認識は国によって大きく異なりますのでセミナーで理解を深めることが有効です。